我が家のダイニングテーブル オーダーするときに考えた3つのこと

我が家のダイニングテーブル オーダーするときに考えた3つのこと

こんにちは。

我が家のダイニングテーブルは、住宅の建築を依頼した建築事務所のインテリア担当の方からご紹介を受けたところでオーダーし、作製してもらいました。

ちなみに、TVボードとソファも、同じ方を通してオーダーしました。
(Ⅾ900×W1800×H370 天板:ウォルナット 脚:鉄)

私がダイニングテーブルをオーダーした際に考えたことは、

天板のサイズ
脚の高さ、位置
このテーブルでなにをするのか(生活スタイルや用途)
この3つです。

天板の木の種類(ウォルナット)であったり、脚の素材や色(鉄をマットブラックに着色)は、家の雰囲気(=私の好きなもの)に合わせましたので、迷うことなく即決でした。

【天板のサイズ】
我が家は、大人2人、子ども3人の5人家族です。

一般的な既製品のテーブルは、4人掛けで、80㎝×120~140㎝、6人掛けで、80㎝×160~180㎝前後のものが多いようです。

まず、幅ですが、お皿や鍋、ホットプレートなどを置いたときに、狭く感じないことを第一に考えました。
なので、幅は、少し大きめの90㎝に決定。

100㎝にしようかとも悩みましたが、子どもが向かいに座ったとき、おかずをとりわけたり、タオルやお茶を渡したりするのに
遠いと大変かなと思い、100㎝にはしませんでした。

次に長さですが、これは、既製品と同じ180㎝です。

6人掛けのテーブルをオーダーする方で、部屋の広さに余裕のある方は、190~200㎝で作製される方も多いかと思います。

我が家は、リビングとダイニングを分けず、一つの空間として、約19畳あります。
(隣接のキッチンは、こことは別に約6畳あります。)
スペース的には余裕がありますので、何度も建築現場にメジャーを持ち込み、イメージして悩みまくりました。

「大は小を兼ねる」で、200㎝に決定しかけた時、3つ目に詳しく記載しますが、我が家の生活スタイルを見直してみた結果、

あ、200㎝もいらないや。

となったので、我が家のテーブルの天板のサイズは、90㎝×180㎝です。

【脚の高さ、位置】
我が家のダイニングテーブルは、ご覧のとおり座卓です。

以前に住んでいたところでは、ちゃんと高さのあるダイニングテーブルとチェアを使っていました。

別に不自由していたわけではないですが、

「床に座って生活がしたい」
「背の高い家具は、圧迫感がでて、部屋が狭くなるから置きたくない」

という旦那の主張を採用し、座卓になりました。

高さは、35㎝~40㎝の間で、検討しました。
いわゆる、ちゃぶ台の高さが35㎝ほどと言われますが
座卓を使用する場所が畳ではなく床であるため、普段は少し厚めの座布団を使用予定であったことから、少し高めの37㎝としました。

脚の位置は、当初内側に10㎝ほど入れる予定でした。
その方が、来客時にテーブルの両端(90㎝のところ)にも人が座れると思ったからです。

しかし、職人さんから、

「10㎝内側に入れ込むと、脚自体の幅が10㎝ほどあるので、座れるところが140㎝ほどになり、180㎝の天板を生かしきれないかも」

との返答が。

3つ目のところでも、書きますが、我が家はそんなに来客ありません。

年に数回の来客のことより、普段の使い勝手を優先!!

脚は、内側に入れ込むことなく、一番外側に持ってきました。

【このテーブルでなにをするのか】
普段の自分たちの生活スタイルを振り返って、このテーブルを使っているときのことを考える。

これが、サイズを決めるうえで、やはり一番重要だと思います。

ご飯を食べるときだけなのか
アイロンがけなどに使用するか
子どもは、ここでお絵かきや宿題をするか
来客は多いか

我が家は、前述の通り、来客は少ない方ですし、アイロンは別の場所でします。

子どもは、入学当初こそ、私の横で宿題を見てもらいたくて、このテーブルで宿題をしていましたが、今では自分の机がお気に入りで分からないときだけ聞きにきています。

そして、我が家は男の子3人!!

部屋をスッキリ広く見せたい旦那と、走り回りたい子どもたち

一時期、何でもできそうな、とーっても大きなダイニングテーブルに憧れた時期もありましたが、普段の食事もゆったりとれていますし、鍋やたこ焼きなどするときも、床にものを置くことなく全てテーブルの上に収まっています。

来客時にスペースが足りなかったときは、折り畳みのテーブルを補助テーブルとして出してきて使用しています。

子どもたちが走り回ったり、床で大きくものを広げて工作などをしているのを見ると、我が家は、このサイズにして大正解だったと思います。

 

参考になりましたでしょうか?

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク