我が家のペンダントライト①後藤照明で、リーズナブルに大正ロマン風な空間を実現

我が家のペンダントライト①後藤照明で、リーズナブルに大正ロマン風な空間を実現

こんにちは。

我が家の照明器具は、ほとんどがダウンライトを採用しています。

ダウンライト以外を使用しているのは、玄関水道の上部、ダイニングテーブルの上部、トイレ2か所(1F、2F)、寝室です。
これらは、私がネットや実際のお店を徘徊して、見つけてきました。
施主支給ってやつですね。

今回は、玄関入ってすぐの所に設置した水道の上部に設置したペンダントライトについてです。

玄関は、洋風ではなく、和風にしたいな、と夫婦ともに思っていました。
純和風(白い壁に、薄めの色の木の柱に障子、なイメージ)ではなく、レトロモダン、大正ロマン風を目指しています。

↓リビング側から見た玄関全体の写真です。

この写真の右隅に写っているのが、後藤照明のアルミシェードのペンダントライトです。水栓の上に、このように設置してあります。
後藤照明、ど れもほんとにステキです!!
たくさんある中で、小さめのシェード にこの付属のランプの形が可愛くて、これに決めました。

アルミの部分に反射する光が、壁を照らす感じがとても好きです。
明かりをつけると、やっぱりきれいです。
もう少し、コードを長くした方が目線に入るのかも。

玄関は家の顔、とも言われますので、打ち合わせには相当時間をかけました。

建具のデザインや、水栓の種類、その背面のタイルや壁紙の色など、見てもらいたいものがたくさんある場所です。
後藤照明の照明が、いい意味で主張しすぎることなく、これらを引き立ててくれています。

後藤照明さんの照明も、照明が主役になれるものもたくさんあります。
同じアルミシェードのものでも、黒に塗装されているものだったり、電球の周りが船舶照明のように囲まれているものであったり。

照明を主役にしたいのか、そうでないのか、も重要なポイントだと思います。

参考になりましたでしょうか?

関連記事
リビングのペンダントライト
トイレのペンダントライト
ダウンライト

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク