我が家のキッチン①最優先は、ミーレの食洗機

我が家のキッチン①最優先は、ミーレの食洗機

こんにちは。
最近、子どもたちの行事や通院で、カレンダーが真っ黒です。そして、あと数週間で恐怖の春休みがやってきます。

さて。今回は、キッチンと、キッチンの背面収納について。

※キッチンは、家具でもインテリアでも雑貨でもないので、本来まったく語るつもりがなかったのですが、造作家具である我が家の背面収納を語る上では、キッチン本体、食洗器などの設備についての構想が不可欠なので、しばしお付き合いくださいませ。


キッチンも各メーカーとても機能的でおしゃれなものを出していますよね。

私が、キッチンの打ち合わせをする際に最初に担当さんにお伝えしたことは、
ミーレの60センチ幅の食洗機は、外せない
キッチン本体にあまりこだわりはないが、天板はステンレスがいい
背面には、一部レンガを貼りたいけど、収納はどうしたらいい?(要するに丸投げ)
でした。

【ミーレの食洗機導入にあたって】
結婚して10年。

マイホーム建築前は、社宅住まいでお金を貯めていた時期でもありましたし、そうこうしているうちにどんどんと家族が増え、欲しい欲しいと思いつつも完全に購入のタイミングを逃し、家族5人分の洗い物を毎日手洗いしていました。

「家を建てるときは、食洗機だけは絶対買って!!海外製のおっきいやつ!!!」

旦那に早々に宣言し、最後まで貫き通しました。

海外製食洗機もどれを導入するか、当時調べまくりました。
(見た目は、ガゲナウとか好きでしたね。この調べている時間が一番楽しいですね♪)
結局は、住宅会社が施工に慣れているという理由で、ミーレに決めましたが。

この海外製食洗機を日本製のシステムキッチンに導入するには、色々とややこしい大人の事情が発生します。

新築時にキッチン(たいてい洗面台とお風呂とトイレも)の仕様を決めるときには、担当さんから、
「A社と、B社と、C社のショールームへ行ってきてください~!」
と言われます。
そして、ショールームへ足を運び、実物を見ながら、

「〇〇ホームさんの標準だと、水栓は~。コンロは~。」
と、説明を受けながら、恒例の予算問題と照らし合わせつつグレードアップしたり、たまにダウンしたりしながら、詳細を決めていき、見積もりを出します。

最近は、ほとんどの住宅会社さんで食洗機を標準仕様としていますが、日本製の45センチ幅のものがほとんどなんですよね。
(日本製の60センチ幅のものへの変更はできるメーカーさんが多いと思います。)

そして、ここからが重要なんですが、新築時のシステムキッチンて、価格を抑えてくれているかわりに、選べるオプションに制限を設けていたりするんですよ!

まぁ、当然といえば当然ですね。全然値段違いますもん。
例えば、我が家のシステムキッチンは、TOTOのクラッソのビルダー向け廉価版CJを導入しているのですが、通常のクラッソでは、黒の角張ったマットな質感の取っ手を選ぶことができますが、CJでは選べません。(本当は、選びたかったです。)

そして、海外製食洗機が入らない!
取っ手くらいならまぁ我慢できるけど、食洗機だけは譲れない!

海外食洗機をシステムキッチンにビルトインしようと思ったら、キッチン本体を標準とは違うものにしなければならなかったんですよ~!!(泣)
リクシルも、クリナップも、ミーレを導入することは可能です。しかし、それは、標準よりも上のグレードのキッチンで、です。

え~・・・、キッチンにこだわりないっていってるのに、キッチンの値段数百万上がっちゃうの・・・?
そこに、さらにミーレの値段上乗せ?(泣)

長くなりましたので、へ続きます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク