我が家のコンセントの位置と数

我が家のコンセントの位置と数

こんにちは。

長男が私の手帳を羨ましがり、自分の手帳が欲しいと言い出しました。

100均に出かけてもよかったのですが、とりあえずノートにネットで印刷した月間ブロックシートを貼り付け、マスキングテープやシールでオリジナルの手帳を作りました。

今は毎日楽しく予定を書き込んでいます。

平日に
「学校」とか、
日曜に
「休み」
などもわざわざ書き込んでいます。

何か月もつやら。

さて。
久々の「家づくり」カテゴリから。

コンセントの位置や数についてのお話です。

【コンセント打ち合わせ】
我が家のコンセントの打ち合わせは、上棟が終わった頃の現場打合せで詳細を詰めました。

着工前に、事務所でおおよその位置や数の打ち合わせは済んでいました。

私たちがお願いした事務所は、打ち合わせが他社より少しずつ前倒して行われているようで全てにおいて早めです。

おそらく、打ち合わせ後に再度変更の希望が出ても工事が初期であればあるほど対応しやすいためだと思われます。

断熱材を壁の間にすき間なく敷き詰めるため、テレビ線などは特に変更がないか直前に何度も聞かれました。

我が家のコンセントの数を図面と照らし合わせながら確認して見ると、全部で

55か所

ありました!

2口コンセント、4口コンセント、食洗器用やトイレ用など必要不可欠なもの、テレビ用など、何もかも含めてこの数でした。

多いですかね?少ないですかね?

我が家は、延床面積約145㎡、約44坪です。

外部コンセントは、駐車場とサンルーム内部の2か所に取り付けました。

これらは、打ち合わせの際に建築会社さんから提案されたものを見ながら、使い勝手を考えながら私たちから変更したい点を伝えて決定したものです。

【工夫した点】
①テレビ用のコンセントをテレビで隠れる高さまで位置を高くした

これは、建築士さんからの提案でした。
前から見た際にスッキリ見えるのと、掃除をするときにコンセントが床につかない方がホコリもたまりにくいし楽です。

②テレビ用コンセントは、リビングと2階ホールの2か所

ハウスメーカーさんに多いと思うのですが、コンセントって数を増やすと追加料金がかかることが多いです。

なので、とりあえずたくさんつけとけーってなかなか難しいと思うので慎重になりますよね。

我が家の業者さんは、普通のコンセントは数によって追加料金等はかかりませんでしたが、テレビ用のコンセントだけは2つ目から追加料金がかかりました。

寝室とか、子ども部屋に将来テレビやゲーム機を置く予定のある方は追加でテレビ用のコンセントを複数つける方も多いですよね。

我が家は、寝室ではテレビを見ないので寝室にはつけず、2階ホールにテレビとゲーム機を置く予定だったので1か所のみ追加しました。

③キッチン背面カウンターのコンセントを左右の壁面にもってきたこと

背面のオープンカウンターの正面には、私が複数のカタログやネット写真で探して決めた本物のレンガのタイルを貼っています。

 

当初図面では、このタイルの部分に2口コンセントが2か所ついていましたが、即効変更。

左右の壁面にそれぞれ1つずつつけました。

だって、レンガの中に白いコンセント、絶対いやですよ~!!

見た目が悪くなるのも嫌でしたが、今思えば、こんな凸凹したところにつけられたのかな?

※レンガの質感、陰影を際立たせたかったので、目地は浅めでお願いしていました。

④洗面所の造作収納のコンセントの位置

ここは以前、お風呂や洗面の設備関係の記事をアップした際に、造作収納の写真を載せていたかと思います。

ドライヤーを収納する棚に合わせてコンセントを1か所追加してもらいました。

⑤土間にも1か所コンセントを追加

リビングの土間は吹き抜けに面しているので、この位置からサーキュレーターを回すと空気がより循環して1階と2階の温度差がなくなりいいそうです。

そう言われてコンセント取り付けましたが、天井のコレが、意外といい仕事をしてくれているので今のところサーキュレーターを購入するに至っていません。

↓コレ

しかし、今夏は長男が暑い暑いと言って頻繁に2階のエアコンをつけていたので、来年あたり購入してもいいかも、と思っています。

⑥旦那の部屋の足元コンセント

寝室奥の旦那の部屋は、約3帖あります。

そこに造作の机があるのですが、その下は足をおろして座れるように掘りごたつのようになっています。

この足元にもコンセントを1つ追加しました。

冬場、足用の小さな電気カーペットやストーブを持ち込んでいるので(くれぐれも火事になりにくいタイプのもので!)重宝しています。

【つけておけばよかったと思うところ】
①外部コンセントを追加したい

屋外に取り付けるコンセント。
外壁に取り付けます。

雨よけのカバーがついていますね。

我が家は、駐車場に1か所、洗濯用に取り付けたサンルームの内部に1か所つけました。

駐車場のほうは私はほとんど使いませんが、サンルームのコンセントは、雨の日に除湿機を使用するためとても便利です。

このコンセント、しいて言うなら南側の庭部分の外壁にも1つつけておけばよかったです。

夏場に庭でバーベキューをするときなどに外に電源があると便利だと思います。

まぁ年に数回のことなので耐えられる範囲です。

 

②リビング机の下にフットコンセント

コンセントの初回打ち合わせの際に、

「予算関係なくとりあえずここに欲しい!というところ全部言ってみてください~!」

と言われたときに、

「リビングの机の近くにあれば、たこ焼き器やホットプレートをリビングの机で使用するときに便利かも」

と思い、床にフットコンセントを提案しました。

最終図面にもしっかり残っているのですが、工事が進むにつれ建築士さんも、現場監督さんも私もすっかり忘れていました(笑)

いや、私はぎりぎりに思い出したのですが、まぁいっか。

と流してしまい、そのままになりました。(追加料金がかかってるわけでもないので適当・・・)

現在、家族でたこ焼きパーティーをする際、延長コードで壁面から電源をとっています。

だれかがつまずかないことを祈っています。

あれば便利だったな、と思いますが、これも年に数回のことなのでまぁ問題なしです。

コンセントやテレビ、インターネットの線など、あとから増やせないものは設計打ち合わせ段階で念入りに検討することをおすすめします。

参考になりましたでしょうか。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク