設計時に旦那が熱望した「家に体育館」構想

設計時に旦那が熱望した「家に体育館」構想

こんにちは。

ついに、始まってしまいましたね、ゴールデンウイーク。

10連休のまだ前半ですが、3食の食事作りに1日中響く子どもたちの大きな声に疲労がたまりつつあります。

部屋は当然片付かないので、写真撮影の作業はお休み。

さて。

家づくりの初期段階での設計士さんとの打ち合わせ。

「最初は、予算とか関係なくやりたいことを全部教えてください~」

と言われました。

“玄関を広く”

“窓を大きく”

“吹き抜けが欲しい”

“トイレや洗面所にタイルを取り入れたい”

などなど。

その中で、旦那が取り入れたいと熱望したものの、私がどうしてもイメージをつかみきれず却下したものがあります。

【家の中に体育館!?】
”新築 家に体育館”

などで検索すると、少なからず出てきます。

家の中にバスケットコートやバドミントンコートを作っているおうちの画像が。

我が家の旦那の趣味は卓球。

趣味といっても、週2ペースで練習に行き、年間そこそこの数の試合に出て、たまに賞状や景品を獲得して帰ってくるほどわりと本格的にやっていますので、家族はまあまあ犠牲になっています。

リビングに入ってすぐのこの大きな鏡も、身支度を整えるためではなく、素振りのフォームチェック用だったりします。

旦那の要望をバッサリ切り捨てた私ですが、一応検討だけはしたんですよ。

検討だけね。

バスケットコートほどの広さは必要ないものの、卓球台を置いて向かい合ってラリーをするとなると、結構広いスペースを確保しなければなりません。

現在の我が家の間取りのまま考えると、場所の候補としては、玄関入ってすぐの和室をなくして作るのが一番現実的かなと思っています。

きっと同じチームの友人を呼んで練習をすることもあるため、

リビングを通らず卓球部屋へ、

卓球部屋を通らずリビングへ

ができる通り土間に面して作ることで、とても便利に使えると思います。

和室は、4.5帖と吊押入ですが、それだけでは足りないので、リビングを削ってもう少し広く。

狭くても10帖近くは必要かと思います。

私は、インテリアやリビングとのつながりの方を重視して考えていました。

壁は、体育館っぽく、有孔ボードやコンクリート打ちっぱなしで、汚れたものを洗えるようにスロップシンクなんかもつけたら便利だろうなぁ、とか。

現在至るところに点在している卓球関係の道具などもここに押し込むため、収納棚も作ります。

あとは、球を打つ音が意外と響くので防音関係だとか細かなことも色々考えていたのですが、そもそも土間に面した和室も私ではなく旦那の希望。

和室を残してそれとは別に卓球台を置くスペースを作ることはさすがに不可能であったため、この話はなしになりました。

あの時は、予算等も含めて最善の選択をしたつもりなのですが、住み始めてから2年半が経とうとしている今、再び

「やっぱり家の中に卓球台置きたいなぁ」

ということを旦那がたまにつぶやいているんです。

オリンピック選手のおウチは、リビングに卓球台があったりしますよね。

しかし我が家にそんな人はいませんし、旦那も子どもたちにはあまり熱心に教えようという気はないみたいなので、

私はこの話には消極的でいます。

どうしてもっていうんなら、庭に作れば?と言っています。

(ホントに作りそう・・・。)

最近は、リビングにハンモックやブランコ、ボルダリングのスペースを作っているお家をたくさん見かけるようになりましたが、

ご家庭に本格的にスポーツをやってらっしゃる方がいるなら、設計段階でおうちの中に「専用の部屋」を作ってしまうのも面白いですね。

家族で一緒にスポーツを楽しんだり、子どもたちが楽しんでいる様子を家事をしながら眺められるのも素敵だと思います。

参考になりましたでしょうか。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク